年忘れ!ニューヨークローカルプロレス観戦。会場はモハメッド・アリもトレーニングしていた、伝説のボクシングジム。お腹ぽっちゃりのラテンおっちゃんレスラーや、体を鍛える事が趣味に違いない売れない若手レスラー、きっと80年代から変っていない?ハイレグ衣装のベテラン女子プロ姉さん等など、キャストは個性派つぶぞろい。体を張ったコミックエンターテイメントとして、ゆるめに仕上がっていました。

Legendary Gleason’s Boxing Gym, where Muhammad Ali trained in the 60’s and 70’s, hosted NY’s WUW pro-wrestling matches on Sunday, 12/28/2013. The poster says “Lucha Libre Style” in the center so that we expected the show will be crowded with the trained luchadors in colorful masks. However, it was very laid-back. Family gathering night. A little boy yelling and cheering his older brother fighting inside of the ring. Grandma sells tickets. Small bag of Lay’s only costs 50 cents!

Ten Years = Tin婚式。結婚記念日の象徴は日常的な物から始まり、年を経て高価で硬い品へと変わります。10年目の結婚記念日は、すず=Tinとアルミニウム。例えばアルミ箔 (100年前はすずで作られていました) - 身近な存在でありながらいつも輝いていて、柔軟性があるのにとても強い。包容力も抜群です。10年夫婦の理想のかたち。

Tenth Wedding Anniversary symbol is Tin or Aluminum. Tin and Aluminum are flexible and durable everyday materials. When it happened to bend, it can be returned without being broken. Beautiful and shiny without being flashy…

Photo: Campbell’s Soup Cans (1962) by Andy Warhol

Ten Years = Tin婚式。結婚記念日の象徴は日常的な物から始まり、年を経て高価で硬い品へと変わります。10年目の結婚記念日は、すず=Tinとアルミニウム。例えばアルミ箔 (100年前はすずで作られていました) - 身近な存在でありながらいつも輝いていて、柔軟性があるのにとても強い。包容力も抜群です。10年夫婦の理想のかたち。

Tenth Wedding Anniversary symbol is Tin or Aluminum. Tin and Aluminum are flexible and durable everyday materials. When it happened to bend, it can be returned without being broken. Beautiful and shiny without being flashy…

Photo: Campbell’s Soup Cans (1962) by Andy Warhol

コスチュームデザイナーのバーバラ・カリンスカ。美しい彼女のチュチュには、手間を惜しまない職人技と、豪華な装飾が細部にわたって施されています。バレリーナの気分を高揚させる為に、着ている本人にしかわからない贅沢な細工や飾りもあるそうです。見た目のきれいさだけでは無い、演者が気持ち良く躍れる衣装。

The tutu designed by Madame Barbara Karinska worn by NYCB’s principal ballerina, Ms. Tanaquil LeClercq - for Balanchine’s “Bourrée Fantasque (1949)”. Madame’s tutus are all handmade in details, and jewels and embroideries are often found only by the performers. She wanted them to feel special and confident with her beautiful tutus.

コスチュームデザイナーのバーバラ・カリンスカ。美しい彼女のチュチュには、手間を惜しまない職人技と、豪華な装飾が細部にわたって施されています。バレリーナの気分を高揚させる為に、着ている本人にしかわからない贅沢な細工や飾りもあるそうです。見た目のきれいさだけでは無い、演者が気持ち良く躍れる衣装。

The tutu designed by Madame Barbara Karinska worn by NYCB’s principal ballerina, Ms. Tanaquil LeClercq - for Balanchine’s “Bourrée Fantasque (1949)”. Madame’s tutus are all handmade in details, and jewels and embroideries are often found only by the performers. She wanted them to feel special and confident with her beautiful tutus.

ニューヨークの『キオスク』は、蒸し暑いホームのオアシス。Eトレインの34ストリート駅。

Across the tracks, looking at his perfectly merchandised “oasis”. At the 34th Street Station on the E train.

ニューヨークの『キオスク』は、蒸し暑いホームのオアシス。Eトレインの34ストリート駅。

Across the tracks, looking at his perfectly merchandised “oasis”. At the 34th Street Station on the E train.

「偶然」が偶然に。

"By Chance"

Opened this drawer by chance.

「偶然」が偶然に。

"By Chance"

Opened this drawer by chance.

Fresh Chamomile Iced Tea

On Sunday morning in June, found bouquets of tiny white and yellow daisies in our local green market. Mr. farmer says: “they are freshly cut chamomile for tea.” I asked if I need to dry them first, and he said no. Since they are fresh, he wanted me to try raw and natural flavor of the organically grown chamomile. As he suggested, I enjoyed fresh colors and sweet scent in the living room for 3 days, and made some tea while the flowers are still fresh. The glass of iced tea looks lovely with some flowers floating.

Fresh Chamomile Flowers 1 Cup*
Water 5 Cups

*save some flowers for a glass of iced tea

Cut fresh chamomile flowers and add to water until boil. Let boil for 3 minutes, and turn off the flame into small. Steep slowly for 10 minutes until the tea turns golden color. Strain the flowers and serve hot or cold.

Recipe and Story in Japanese

Fresh Chamomile Iced Tea

On Sunday morning in June, found bouquets of tiny white and yellow daisies in our local green market. Mr. farmer says: “they are freshly cut chamomile for tea.” I asked if I need to dry them first, and he said no. Since they are fresh, he wanted me to try raw and natural flavor of the organically grown chamomile. As he suggested, I enjoyed fresh colors and sweet scent in the living room for 3 days, and made some tea while the flowers are still fresh. The glass of iced tea looks lovely with some flowers floating.

Fresh Chamomile Flowers 1 Cup*
Water 5 Cups

*save some flowers for a glass of iced tea

Cut fresh chamomile flowers and add to water until boil. Let boil for 3 minutes, and turn off the flame into small. Steep slowly for 10 minutes until the tea turns golden color. Strain the flowers and serve hot or cold.

Recipe and Story in Japanese

フレッシュカモミールのアイステイー

いつも無農薬で野菜を育てているおじさんが、6月のグリーンマーケットにカモミールを持ってきました。早春、おじさんの育ちすぎた菜っ葉は花付きで、売り場のテーブルがキュートな菜の花畑になっていたことがあり、今回も遠目では青梗菜か何かの花だと思ったのです。「オラ!今日も暑くなりそうですね」南米系のおじさんとラテイーノな挨拶を交わします。週毎に登場する初ものを物色していると「それはカモミール。切ってきたばかり」。白と黄色の小菊のような愛らしい花でした。「そのまま、生花をお茶にして飲んだら美味しいよ」と教えてもらったとおり、3日間お部屋に飾った後、しっかり煮だしてお茶にしました。新鮮なカモミールが市場に並ぶ時期にしか飲めない贅沢、しかもドライとはくらべものにならない位、甘くて良い匂い。暖かいまま蜂蜜入りでホッとしたり、アイステイーにお花を浮かべて乙女心をくすぐります。

カモミールの花 1カップ*
水 5カップ

鍋に水とカモミールをいれて中火でゆっくり沸騰させます。グラグラ3分。火を弱めてコトコト10分。きれいな黄色になったら出来上がり。花を濾して注ぎます。

*計量カップはアメリカンサイズ

Recipe and Story in English

モヒカンの無料サービス。

If you cannot mohawk yourself…

モヒカンの無料サービス。

If you cannot mohawk yourself…

ネオンヨガ。タイムズスクエアの喧騒の中で集中出来るかのチャレンジ。

Yoga in Times Square. Being calm and peaceful on the world’s most chaotic street. Feel the vibe of subway running underground.

ネオンヨガ。タイムズスクエアの喧騒の中で集中出来るかのチャレンジ。

Yoga in Times Square. Being calm and peaceful on the world’s most chaotic street. Feel the vibe of subway running underground.

おとうふ

ニューヨークに暮らしていると、大抵の食材は手に入ります。健康ブームも手伝って、いまやおとうふもニューヨーカーの定番。アメリカメーカーのパック入りが近所のスーパーで買えるのです。ただ恋しいのは、出来たてホヤホヤのおとうふ。こだわりのジャパニーズレストランで出されたりすると、ありがたやありがたやと拝みたくなります。手に入らないのなら、自分で作ってしまえ、と、大豆からおとうふを作ってみる事にしました。手間はかかりますが、意外と簡単でびっくり。途中で色々出来る副産物もたまりません。豆乳もおからもおとうふも、出来立ては甘くて優しい味がします。

材料:オーガニック大豆 300g、水 900ml(大豆を浸す用)、水 1000ml (大豆ピューレを煮る用)、にがり(2丁分の容量。メーカーによって異なる)この分量でおとうふ2丁、豆乳約500ml、おから約2カップ分作れます。

道具:大きな鍋ふたつ、大きなミキシングボール、ふかめのざる、ミキサー、布(大判のふきん又はハンカチ)、木べら、おたま、バット、底に穴の開いている容器、おもし

作り方:大豆を水に浸して一晩おきます。まんまるの大豆が水を含むと楕円形に膨らみます。柔らかくなるまでじっくり浸します。つけ水が余るので、大豆と水分を混ぜながらミキサーにかけてピューレにします。家庭用のミキサーを使う時は4−5回に分けて少しづつミキサーにかけ、その都度ボールにうつします。大きな鍋に1000mlの水を沸騰させ、ピューレを静かにいれます。焦がさない様に、吹きこぼれない様に、木べらでかき混ぜながら、中火でコトコト20分くらい煮ていると泡がモコモコ立ってきます。沸騰すると泡がふわっとたつので一度煮立ったら弱火にして泡を落ち着かせます。そのまま弱火で10分煮ます。キッチンがおとうふ屋さんの匂い(!)になってきたら火をとめます。大きなボールの上にざるを置き、大判の布を敷きます。充分に受けて、絞りやすいように、強く柔らかな布が良いようです。熱くなるので、冷ましながら時間をかけて絞ります。絞り汁が豆乳、搾りかすがおからです。どちらもとても美味しいので、つまみ食いがとまりません。豆乳1リットルを計りわけ、鍋に入れます。この豆乳から小さいおとうふが2丁作れます。余った豆乳とおからはここでおしまい。飲んだりお料理に使います。豆乳を弱火で温め沸騰させて火をとめ、鍋からボールにうつします。80度位までに冷めたらにがりを入れ、ゆっくりかき混ぜます。15分くらい待つと固まってきます。容器の用意。水分を受けられる深いバットに穴の開いた容器(野菜や果物のプラスチック容器、または市販のおとうふ容器に穴をあけておく)をのせ、布を敷きセットします。おたまですくい、容器にいれていくと水分がしみ出してくるので、バットから水が溢れない様に注意しながら足していきます。布をかぶせてふたをして、おもしをします。キッチンにある重いものならなんでもおもしに使えます。ボールに水を張ったもの、鉄製のお鍋など。15-20分置くと固まります。おとうふが出来てる!そっと布を広げて水を張った器にうつし、さらに30分くらい置きアクが抜けたら完成。

Tofu Recipe - English version will follow…